商品カテゴリ一覧 > 小物 > 「アシックス商事」オンフット消臭ボアインソール/MPK-3880SOCK/【2016 WEX 防寒靴】


「アシックス商事」オンフット消臭ボアインソール/MPK-3880SOCK/【2016 WEX 防寒靴】

商品番号 MPK-3880SOCK

定価オープン価格のところ
当店特別価格1,419円(税込)

S(22.5cm-24.0cm)※発送まで7営業日前後 オフホワイト -
M(24.5-26.0cm) オフホワイト
L(26.5cm-28.0cm オフホワイト

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next





私(ページ作成者)が選ぶ防寒中敷決定版!これからどんどん日本全国寒くなっていきますが、いくら寒くなってもその都度「防寒モノを買おう」って訳にはいきませんよね?!その際たる存在が、お客様の足を寒さから守る「防寒靴・長靴・安全靴」です!!
寒くなってくるとまず耐えられなくなるのが、「足」ですよね?!これは北海道民も他の地域にお住まいのお客様にも変わりはないと思います。
そんな時には近くの靴屋さんで、またはWEBで探して買うわけですがその時案外おざなりになってしまうのが「防寒中敷」なんです。

「なんだよ。中敷なんてドレも一緒でしょ?買ったときについている中敷が壊れたら買えばいいよ」

なんて思っているお客様、それは大きな間違い。欲しくて買った防寒靴のポテンシャルを200%発揮させるなら、たとえ別売りでも中敷は用意すべきです!!
これは寒さ厳しい北海道に住む私からすると、カッコイイ車を買って冬道にスタッドレスタイヤを履かないのと同じくらい無謀だし、車の能力が発揮されない残念な出来事です。
今までも、当店では中敷の必要性を伝えてきましたが、何故か中敷というジャンルが当店にはなく、商品としても少ない状態でした。
矛盾しているように感じるかもしれませんが、中敷って正直「靴屋さんに行けば、ドコにでも売っている商品」であり、またその品質や機能も「似たり寄ったり」なので、あえて当店が扱う必要性を感じなかったのは事実です。
しかし!!今回はあえてご紹介いたします!!それは何故か?!

「私が半年以上、使ってみて本当に効果を実感した!!」

んです!!それなのに余り反響ってなくておかしいな〜、って思ったんですがパッケージを見て納得。


なんて奥ゆかしい控えめなアピールなんだろう(苦笑)


だったんです。これはもったいない!!絶対に中敷で困っているお客様がいらっしゃると思い、今回ご紹介することにしました。
防寒中敷っていうと「暖かさ最重要視」なのはドコも当たり前。一般的には毛足の長いボアを中敷に装着した「ボア中敷」が有名ですが、今回その中敷は紹介しません。だってドコにでもありますから。このボア中敷、靴の中に入れるのと入れないのとじゃ寒さの感じ方が大違いなので、まだ防寒靴をご購入していながらボア中敷を装着していないお客様は最寄の靴屋さんでGETしてみてください☆これだけでも防寒靴の暖かさが断然違いますよ☆
私が今回ご紹介するのは、防寒は防寒でも、

消臭効果が持続する

っていう、信じられない防寒中敷!!「フッ。消臭中敷なんてそれこそドコでもあるでしょ。俺の足の臭いを甘く見てもらっちゃ困るぜ!」っていうお客様、そう!そういうお客様にこそ是非使ってもらいたいんです!!私も事務仕事のため、オフィスでは中履きを使用しているのですが何もしていないのにも関わらず、退社の時靴を脱ぐとプ〜ンと臭うわけです。しかも気がつくと私の靴だけではなく、「下駄箱全体から」同じような臭いを発しています。朝は気がつかないんですよ、時間が経っているし、出社する時間帯もそれぞれ違うので。ただし退社の時は定時で皆帰るので下駄箱に殺到するんですよね(苦笑)。
今までそんなに気にしたことは無かったんですが、それからというもの「靴の臭い」に対して敏感になってどうしたらよいものか悩む日が続きました。
そんな時、当店実店舗の商品担当者より「ある中敷」がヒットしていると聞き、どんな中敷かと聞いてみると

「消臭中敷」

というので、私も試しに実店舗で購入したんです。1,000円ちょっとかかったので決して中敷の価格としては「安い分類」ではなく、これで臭いの問題が解決しなかったら担当者にどう詰め寄ろうかとも思いましたが、正直1週間くらい使ったあとにその消臭効果の凄さが分かりました。

「ん?そういえばあの臭いがないな・・・。」

と確かに感じました。いや、何もしていないとはいえ一日中履いているので嫌な話ですが「ムン」っていう湿気はあります。ただ、臭いは本当に無いんです。
防寒靴ってどうやって保温力を高めているのかというと、「内部の機密性を高めている」ので一度温まった空気が靴の内部で逃げずに暖かいわけです。
でも機密性が高いっていうことは、同時に「ムレる」っていうことに繋がってきます。
この「ムレ」が素足から汗を発生させ、この汗の成分が臭いの元となるアンモニア・酢酸・イソ吉草酸を増幅させあの靴の悪臭になっていくわけです。
まぁ、残念ながら「ムレ」は多少感じるものの、臭いは確かになくなりました。
退社の際、社員の誰かと下駄箱で出くわしてもこれで嫌な顔されずに済むと思っただけで気が楽になりましたし、私の靴1足分の臭いがなくなったので、下駄箱トータルとしての臭いも1足分無くなっているのだろうと思うと、ちょっとした社会貢献になったと思いましたね(笑)
結局、その中履きは先日壊れてしまい廃棄したんですが、この中敷だけは靴から取り出し、現在2代目の中履きの中敷として活躍してもらっています。

<メーカーさん、もっとアピールして!!パッケージ以上に凄い中敷見つけました!!>

■消臭メカニズム・・・実は消臭効果の源は中敷の素材とはまったく関係の無いものでした。中敷をひっくり返すとなにやら「テッシュみたいな紙が貼りついている」ことが分かります。これが消臭効果の源「MOFF(モフ)」という繊維の集合体なんです。こんな小さいテッシュの切れ端みたいなものが靴全体の臭いをあそこまでカットするなんてにわかに信じがたいですが、私が実感したので事実です。このMOFF(モフ)ってドコでも手に入る素材ではなくて、きちんと実証結果を元に商標として登録している((株)プロジェジャパン)ので、巷の周囲で販売されている消臭効果を謳う中敷とはちょっと効果が異なります。

■中敷としては?・・・中敷の形としては、スニーカーなどにセットされている「カップインソール」という形状で、足を入れると足裏の形にピッタリフィットするので、中敷が靴の中で遊ばずに故障の原因とならないのが主な特徴ですが、このカップインソールも正直「ピン・キリ」でして単純に靴の装備品としてセットされていて足を入れてもフィットしないものや、一方、メジャーブランドのスニーカーではこれ以上ないっていうくらい足にピッタリと吸い付くようなカップインソールを標準で装備しているスニーカーも存在します。ただこの「ピン・キリ」のカップインソールを見分けるって私でも出来ない職人技を要することで、一般のお客様にはまず見極めることは出来ません。では、一体この商品(カップインソール)が何故良いといえるのか?答えはこの中敷を作っているメーカーさんの名前をご覧ください!!


アシックス商事株式会社


です!!そう、日本人の足を支え続けたアシックスのグループ会社さんが作り上げた逸品なんです!!
つま先から踵に向けて中敷の肉が厚くなり、クッション性が高くなっています。カップインソールの表面の隆起も非常に豊かで平面ではなく足裏の微妙な凹凸に合わせて隆起しているでの足にピッタリ収まるこの形状はアシックスさんならではです。

■防寒としては?・・・私が試していたのは通年モデル、今回ご紹介するのは防寒モデルなので表面に毛足の短いボアを装備しています。防寒性としてはとにかく暖かいっていうよりは「関東以西の冬の気温5〜10℃前後」であれば、完全に機能する防寒性だと思います。肉厚になっている部分は靴底から伝わる冷気を遮断するので、保温力も高いことがこの中敷の特徴です。

どうです??中敷ってこんなに凄いんだなんて普段あんまり気にしないですよね?!また一つの中敷に対してこんなに長く説明文を作っているお店もたぶんありません(笑)。それだけ私がこの中敷の消臭機能に感動したんだと思ってもらえると嬉しいです。
お気に入りの防寒靴の機能をもっともっと引き出すには、中敷の力が必要なんです!!買ってはみたけど防寒性がイマイチだな〜っと感じているお客様、私のように靴・靴箱・玄関の臭いが気になる〜っていうお客様や世の奥様には救世主となる商品です☆