商品カテゴリ一覧 > 手袋 > 【3双パック】「プロノオリジナル」牛床革オイルなめし柔らか手袋3双組/431-1501/【2016 WEX 年間 手袋】


【3双パック】「プロノオリジナル」牛床革オイルなめし柔らか手袋3双組/431-1501/【2016 WEX 年間 手袋】

商品番号 431-1501

定価オープン価格のところ
当店特別価格1,098円(税込)

オイル M(紳士小さめ)
L(紳士フリー) -
LL(紳士大きめ)

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next



【ページ制作者が語る、この商品の魅力!】
【オイルマジック手袋】 暑い日がまだまだ続いていますが、当店の2014年手袋のラインナップはこの夏に「大改革」が始まります☆もう既にかつて大人気だった「革手屋ブランド」の主力商品「ヘヴィック」が劇的に復活し、既にかつて当店でお仕事用の革手袋を調達されていたお客様からは反応がございます。

 今回、ご紹介する商品は、私(ページ制作者)が取り扱いたくてしょうがなかった商品!通販では販売力が高すぎる(通販で売りすぎると実店舗で販売できなくなるため)ため、やむなく数年前に取り扱いを中止した超・人気商品が劇的復活!させる事に成功しました!!
幾度と無く実店舗担当者と話し合いを繰り返し、今回ようやく取り扱いOKの了承を得ました!!もちろん、通販がどれだけ売っても、もう途中で販売を中止することはありません!!絶対的自信を持ってご紹介いたします!!

【牛革床革オイルグローブ3双組】

「え?牛・・オイル・・、何それ??」っていうお客様、確かに名前はなかなか普段耳にはしないですが、画像を見ていただけましたら一目瞭然!「あぁ〜、コレね。」って分かるお客様もいらっしゃると思います。牛革って一言で言っても用途によって様々な形状や質感に変化し、常に私たちの身の回りに存在しています。今回はそんな牛革でも「比較的安価」で「お仕事向き(使い捨て)」の要素が高い「床皮」を使用したワークグローブをご紹介いたします!!

【硬い・使いづらいといわれ続けた床皮の究極進化形!!】

■革?皮?どっち?・・・答えはどっちも正解。ではありますが、私がよく使う「革」とは「製品に適した加工を既に施した皮」の事を指します。一方、「皮」っていうのは「加工される前の皮」であり、そのまま製品化することは100%ありません。獣臭や、汚れもたくさん付着しているので通常、「皮手袋」とは表記せず、「革手袋」と表記します。皆さんがよく見かけるブランドバッグ・ベルト・靴も全てこちらの「革」表記。

■床革?って何??・・・皮っていうのは、実は3層構造に分けられます。(1)表皮(2)銀皮(3)裏皮です。(1)は前述通り、臭いや獣毛などで覆われているため、ほとんど使えません。バッグやベルトでよく見かけるツルツルした質感の革が(2)で、(1)を剥いだ表側の革です。通常、革製品といえばそのほとんどが銀革となります。そして、今回の「床革」っていうのは、(1)を剥いだあと、(2)と(3)を引き裂くのですが、その際、銀革とは対極の裏側の皮が「床革」になります。主役と使われるのは「銀革」のため、床革はボソボソしており、コスト的には安く済むことから、消耗品的な要素の強い、仕事用の革手袋として転用される事が多いです。またこの床革を研磨し、ケバ(毛羽)を均一に整えたものがスウェードと呼ばれます。

■オイルって何??・・・結構、床革手袋では使用されることの多いキーワード。通常の床革では、どうしても乾燥させると「バキバキ」していて、手袋として使いづらいことは否めません。昔は、床革手袋っていうと「手を握る事が出来ない」ものが当たり前の仕様でした。ここ数年の技術進歩により、製品化前に秘伝のオイルに漬け込むことにより、床革としてはありえないほど柔らかくなり、同時に革製品にはタブーであった「防水機能」と手に入れました。ただし、お洗濯が出来るほど、防水性が高くなったわけではありません。どちらかというと「柔らかさを手に入れた」という方が主眼であり、軽防水性は「副産物」程度に思っていただいた方が良いかもしれません。

■マジックって何??・・・マジックっていうのは「魔法」の事ではなくて、「手首にマジックが着いていますよ」っていう意味です。好き嫌いが分かれるところですが、力作業や、モノを掴んだり離したりっていう仕事が多い職人さんはこのマジック手袋を選ぶことが多いような気がします。


今までの当店では「品質重視」で「1双売り」がメインでありました。ヘヴィックはじめ、付加価値が高い手袋に関しては今後も品揃えを強化していこうと思っていますが、今回のようにド定番の革手袋を「3双パック」で販売し、当店プロノの革手袋の魅力を全国のお客様に知ってもらうのも一つの強みではないかと思い、今回渋る担当者を何とか説得して、当店でもいよいよ爆発的人気商品を扱えるようになりました☆

早速、手元に届いた手袋を嵌めてみると、なるほど柔らかい。ヘヴィックの革はオイル加工無しでも柔らかいのである意味、この手袋よりもブレードが上なんですが、この手袋に関しては元々、硬い床革をオイル加工を用いて柔らかくしているところが「技アリポイント」です。
実際に、嵌めてみたところ、身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段使う手袋のサイズ:フリー、手の甲の厚さ:普通の私がこの手袋を使用した場合、Lサイズでピッタリでした!!この手袋は使い込むうち、伸びてきますので、最初のうちは多少窮屈(ピッタリ)なくらいが丁度良いと思います!!
今までは、他で売っていないほどの超・高品質な革手袋をご紹介してきましたが、これからどんどん「惜しげなく、ジャンジャン仕事で使ってもらいたい!」そんな手袋も紹介します!!
当店では、パック商品であろうとも革質のこだわりはハンパではありません!!是非、一度ご使用いただけましたら幸いです。