商品カテゴリ一覧 > ブランド > プロノ(オリジナル) > 「REDLABEL」プロノオリジナル発熱ピーチ起毛長袖ハイネック/SHN-131/【2016 WEX 防寒 インナー】


「REDLABEL」プロノオリジナル発熱ピーチ起毛長袖ハイネック/SHN-131/
【2016 WEX 防寒 インナー】

商品番号 SHN-131

定価オープン価格のところ
当店特別価格1,098円(税込)

サイズ\カラー GRAY(グレー)(新色) NAVY(ネイビー) DARKGREEN(ダークグリーン) BLACK(ブラック)
M × × × ×
L × × × ×
LL × × × ×
3L × × × ×

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next










必見、製作者が語るアピールポイント!!
う〜ん。寒い・・・。
 私(作者)のように生まれも育ちも北海道育ちなので、「いやいや、北海道生まれなんだから、寒さには強いでしょ〜??」とか思われちゃうんですが・・・、私の経験上北海道の人たちって、「寒さに強い」というよりは「寒さに敏感」という表現が正しいんじゃないかと思っています。北海道は寒さがどんどん厳しくなってきて、最終的に厳寒期と呼ばれる季節にはその寒さをどう凌ぐかで「命」に関ることもしばしばです。
北海道の人たちは、そういった寒い冬の過ごし方を妥協することなく準備を行い厳しい冬を少しでも快適に過ごそうとする姿が「寒さに対して強い」と思われているんだな〜って感じます。当店はそんな寒さに対して真剣に向き合い、また商品を通じて北海道のワーカーを支え続けてきた自負もあるので、防寒着の品揃えに関しては他店様にも絶対負けない品揃えを誇っています。

結構、誤解されやすいんですが、「北海道の人ってモコモコした防寒着を着て仕事しているんでしょ?」ってよく言われえるんですが、外目に見える「アウター」って実は、そんなに本州で着られている防寒着と変わり無いんです。

本当の寒さ対策は”中に着る肌着”でキマル!!

 そうなんです。「インナーに何を選ぶか?」で、北海道のワーカーは防寒着を選びます。ですからアウターとして着る「ブルゾン」や「コート」以上に「肌着の種類」が充実しているんです。

【貴方ならドレを選ぶ?防寒肌着ってこんなに種類があります。】

■最近の流行!・・・ここ2〜3年の間に「あっ」という間に全国のワーカーに広まっていったコンプレッションと呼ばれる「ピタピタ」のワークシャツが最近大人気。もともとア○ダーア○マーに代表されるスポーツウェアが発信だったのですがスポーツウェアそのままではワーク着として使い勝手が悪いため、ワーク用として改良されたのが現在、ワーク業界で販売されているコンプレッションウェアです。

■科学の集結!・・・世界有数の科学立国「日本」では、「暖かさを科学する」という部分も世界トップクラスの水準です。 簡単にいうと「着ると何故か暖かい」。という私のような凡人には説明を受けても100%理解は出来ない(笑)、でも暖かいからまぁイイや☆っていう肌着です。一般的に科学的な暖かさを有する防寒肌着って、「生地が薄い」ので、一般肌着と見分けがつかない事がほとんどです。

■おとっつぁん!・・・そう!肌着といえば多くの方が思い浮かべるのが世のお父さんが着ている「首元ダルダルの白い肌着」ですよね?でもあれって首元がダルダルんじゃなくて「U首」っていって首元がU字にくびれているのが特徴なんです。多くは綿で作られている事が多く、綿の特性って「汗を吸う」「保温性が高い」「生地が厚い」という事で、今現在も人気の肌着です。


今回、ご紹介するのは上段「科学の集結!」でお話した種類の肌着です。つまり、
※一見、薄くて頼り無さそうなんだけど、何故か暖かい・・・。
っていう肌着。まぁ何故かっていうと、「科学だから」っていう答えになっちゃいます(笑)。って言っても不安ですよね?私が理解した範囲でお伝えすると、ポリエステル:90%+ポリウレタン:10%の表面ツルツルした表生地は、伸縮性が抜群でポリウレタンがその伸縮性の元になっています。また裏生地にはピーチ起毛と呼ばれる細かい起毛がびっしり加工されており、直接肌と触れる部分は、細かい起毛で暖かさをサポートしてくれます。
また、僅かではありますがこの商品、発熱効能があり、衣服内の汗・ムレ・湿気を効率よく熱に変換し防寒肌着として更に、心強い存在になりました。

もっと驚きなのが、この商品の画像をよくご覧ください☆パッケージに当店(プロノ)のロゴが・・・。そうです。この商品、

当店オリジナル防寒肌着

なんです。いやぁ、冬場にしか売れない防寒肌着を作っちゃうってかなりの冒険ですよ〜!!でもやっぱり「ドコにもない防寒肌着」だったから作っちゃいました☆そして最後に驚きなのが、この価格です。ビックリ価格ですよね!!、前述通り、ポリエステル主体のボディ構造なのでお洗濯後の乾きが早く、夜お洗濯しておけば翌日には乾いているので高回転お仕事ウェアですし、ポリウレタンを若干率混ぜることによって驚きの伸縮性で着やすさと、ストレスが軽減されており、価格の割には本当に良く出来た防寒肌着です。
きっと、この防寒肌着の適応温度としては+1℃ほどでは無いかと思われており、つまり外気温が15℃だったとすると、これを着ると16℃くらい、0℃の環境下では1℃くらいまではサポートできるのではないかと思っています。
「それじゃ寒いじゃん!!」っていうお客様、肌着が出来る効能はこの程度でベストなんです。この+1〜2℃の防寒インナーに、気温0℃以下対応の防寒着をあわせたりして、北海道のワーカーは厳しい冬を乗り切るんですよ!!
今回は、私のように日頃からTシャツに親しみを覚えているお客様には「クルーネック」、本格職人さんなどには信頼性の高い「ハイネック」をご用意いたしました。この2タイプからお選びいただけましたら幸いです。
最後に私が直接着てみました!!身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るTシャツのサイズ:Mサイズ(ア○クロなどはSサイズ)の私が着てみたところ・・・、Lサイズで袖丈ギリギリ、でも体的にはジャストフィットでした。着た感じはピタッとして外見上はちょっと着苦しい印象を与えると思うんですが、実際は凄く伸びるので見た目ピタピタでも全くストレスは感じません。
冬場、寒さが気になる現場勤めの方、防寒着は既に持っているけどインナーを持っていないというお客様、お仕事用ではなく冬場の家着として着用(その時はこたつと一緒にご使用ください)など使い勝手は未知数です☆


サイズ 身長 胸囲 ウエスト
M 165-175 88-96 76-84
L 175-185 96-104 84-94
LL 175-185 104-112 94-104
3L 175-185 112-120 98-108