商品カテゴリ一覧 > 帽子 > 「76Lubircants(ナナロク)」ニット帽 ラインワッチ / UK-215 / 【2016 WEX 防寒 その他】


「76Lubircants(ナナロク)」ニット帽 ラインワッチ / UK-215 / 【2016 WEX 防寒 その他】

商品番号 UK-215

当店特別価格1,320円(税込)

フリー(外周57-59cm) クロ -
ブラウン -
グレー -
ホワイト -

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。


商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

















【WEB制作者が語る商品の魅力!!】
特に私(作者)は別段「ダイエット」にも「健康」にも興味がないのですが、会社までの通勤は「冬場」は「歩き」になり、必然的に40分も毎日ウォーキングしている事になります。年々、歩くことに「疲れ」を感じ、何度も行き交うタクシーに手を挙げれば・・・・なんて事を一瞬でも考えてしまう自分を嫌になってしまいます。(笑)。

でもそれ以上に嫌なことがあるんです。それは夜帰る時、むちゃくちゃ寒いッ!!!って事です。首はマフラー、アウターはピーコート、靴も防寒靴、手には毛糸の手袋をしていますから、寒いことは無いと思うんですが・・・、あるんですねそれが。

【北海道の真冬では、耳を防寒しないと即凍傷】

ですよ!真冬に北海道へ観光へこようというお客様、防寒着はしっかりと着込むのですが、案外「耳」は野放しのお客様が多いです。耳は人間の体の中でも「薄く・出っ張った特殊な部位」であり、その東部から出っ張った耳の主な機能は「集音」といわれています。人間ではなく、うさぎの場合は、長い耳に張り巡らされた莫大な数の毛細血管を「冷やす・冷却機能」も兼ね備えています。
うさぎほどではありませんが、人間の耳も外気に触れやすく、外気が低温化では真っ先に冷たくなる部位です。寒さ厳しい北海道での冬場の作業では、別に雨や雪が降っていなくても作業時には「帽子を被る(耳を覆う)」事が必須です。今回は、ON(ワーク)でもOFF(カジュアル)でもどちらにでも使用できるアイテムを、北国の当店らしい品揃えでご紹介いたします!

【UNION76公認!ローゲージワッチ☆】
■仕様・・・防寒性抜群な太くて暖かい繊維「アクリル」を100%使用した帽子です。

■ディティール・・・ワッチ(毛糸の帽子)の命ともいえる「カタチ」は、「浅めの被り心地」を実現した一般的なシルエットに仕上げています。被り口を折り返す仕様ではないので、いつもスポッと被れてスポッと脱げる、気軽に被れてスポーティなイメージです。

■デザイン・・・目を引くのは太いボーダー一本のシンプルデザイン。ボーダー上にUNION76の正式ロゴである「ナナロク・ボール」が鎮座しております。ボーダーカラーは、クロ→グレー、ブラウン→ベージュ、グレー→クロの同系色でまとめられています。


実は以前から、この手(防寒帽子)のお客様からのリクエストは非常に多く、品揃えを常に検討していたのですが・・・、実は私(作者)は無類の帽子好きでございまして・・・、あの・・・、その・・・、どれも好きじゃないので発売出来ませんでした。だって私が気に入らないものを、お客様にどうして販売出来るのですか・・・。そんな気持ちから「帽子は取り扱わなくてはならない」とは存じつつ、数年が経過し、今年にようやく取り扱いが開始になりました!!
しかも、驚くことにその商品は、当店でも名高い「ナナロク」なわけですから、私も長年、首を縦に振らなくてホントに良かったな〜なんて思っています(笑)。
今回のコチラのナナロク商品は、日本の帽子メーカーさんから当店が仕入れたナナロク商品。もちろん本物ですが、いつもご紹介しているナナロク・アパレルシリーズとは入手経路が異なっています。ですから、品切れも一時的ですが発生する(毎週一回発注のため)と思いますので、在庫があるときが買い時だと思っています!是非、ご検討ください☆ 最後に私(作者)が実際にこのワッチを被ってみました☆なるほど・・・、深く被ると上の部分の隙間がなくなるほど浅めの設定ですね。被り口はボディの編みとは変調しており、口の部分はリブっぽい仕上げで◎です。私的には、深くまで被っても天頂部はもう少し余裕がほしいですね。冷たくなった耳はしっかりと保温されますので、被っている限り凍傷の心配はありません。地厚も厚いですから、北海道のような寒冷地でもしっかりと保温します。
最後に、いいことずくめのこのワッチ帽にも、唯一の弱点が考えられます。それは「毛玉」です。アクリルを使用している以上、発生の可能性はゼロではなく、扱い方によっては大量に発生するかもしれません。過度な回数のお洗濯(着用ごとにお洗濯)・頻繁に被ったり脱いだりを繰り返すお仕事(屋外-屋内移動を繰り返すお仕事)のお客様はお気をつけください!毛玉は摩擦により発生します。防止の生地と生地が擦れ合うと細かい繊維が絡まりあって毛玉になります。極論ですが、必要以上に触らない・洗濯(笑)事が毛玉を生まない究極の扱い方です。さすがに触らないっていうのは、書いてて自分も「そりゃ無理だ(苦笑)」と思いますが、「お洗濯」に関しては努力が可能です。極力、他のものと一緒に洗わないとか、ネットに入れて洗うとか、最近では「ファ○リーズ」を代表とする空間消臭剤(除菌含む)を効果的に使用して、お洗濯の回数を物理的に減らす事が可能です。
当商品に関わらず、アクリルを含む製品は間違いなく毛玉発生の危険性がありますので、是非ご検討ください☆