商品カテゴリ一覧 > 靴下 > 「76Lubricants(ナナロク)」コンプレッションソックス / No.76-SKH151 / 【2016 WEX 新作 年間 靴下】


「76Lubricants(ナナロク)」コンプレッションソックス / No.76-SKH151 / 【2016 WEX 新作 年間 靴下】

商品番号 No.76-SKH151

当店特別価格1,419円(税込)

フリー(25.0cm〜27.0cm) ブラック

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next












【ページ制作者が語るこの商品の魅力!!】

2015-2016年は久々ナナロクにとって「当たり年☆」でした!!ツナギに安全靴、長靴、帽子にインナーとまさに「何でも来い」状態です!!そんなナナロクからこの冬、更に強力なアイテムをリリースしました!!ビックリしますから、覚悟してくださいね!!!

先丸・ハイソックス!!!

・・・。「ハイソックスって、女子高生が履いてるあれ?」っていうお客様、当たりです。そう!今回ご紹介する商品とは「男子が履く”男前”ハイソックス」です!!
きっと今、多くのお客様が「・・・いやぁ、俺はイイ(遠慮しとこう)かな〜」って思っている事でしょう!そう!何を隠そう私もそう思いました(笑)。しかもこれから真冬に堂々と「防寒じゃないハイソックス」を提案するんですからよほど自信がナナロクにはあったわけです。

まずは、ナナロクではなく「私の個人的な話」から。。。今、多くのお客様が「今時、ハイソックスは無いわ〜!」と突っ込みを入れているお客様も多くいらっしゃると思いますが、私個人的には「懐かしさ」を覚えます。何故かというと私がまだ実店舗にいた時、お店に来るお客様が買っていく靴下といえば「軍足」って呼ばれる靴下でした!「懐かしい〜!!」と言っているお客様もおおいはず。そう当時今から20年前くらいまでは作業着屋さんで置いている靴下といえばクリーム色(生成:キナリ)でつま先がグレーの「軍足」っていうのが普通だったんです!!そしてその軍足の多くは今回ご紹介する「ハイソックス丈」でした!!
当時、ハイソックス丈を好んで履いていた職業は「大工さん」「鳶さん」が主流、一部で土建屋さんも履いていました。その職業の方の多くはハイソックスを当たり前に履くのではなく、「ニッカや作業ズボンの裾を靴下の中に入れて」仕事していたんです。今でも一部のサッカー少年がジャージの裾をソックスに入れて部活に勤しんでいる姿を目にしますが、まさにあんな感じです。「ザ・職人」スタイルでした。

では何故、今スポーツショップ以外でハイソックスが見なくなったのか?それは一部の理由として「ミドル丈ソックスの流行」が影響していたんではないかと思います。ワーク業界でハイソックスブームが落ち着きだした頃、丈がどんどん短くなっていく「ミドル丈ソックス・ブームの到来」がワーク業界でも発生しました。
この時に「軍足」と呼ばれる職人専用の靴下の種類は激減し、その変わり丈の短い靴下が筆頭となりました。

私はもう十数年、普段履きで使う靴下は当店でしか買ったことがありませんが、足首部分がまるでない極短型ミドル丈ソックスはどうしても好きになれなかった思い出があります。最終的に男子のミドル丈ソックスは、女子がサンダルやパンプスを履くときに使う靴下レベルまで短くなり(足の甲がむき出しになる)、このまま靴下という存在がなくなってしまうのではないか。と思っていた時、まさに「救いの声」がありました!!!

「あの〜、コンプレッション・ソックスはありませんか?」

いやぁ、この「一言」にどれだけ救われたことか・・・。短いことこそ”善”だ!のように拡大路線だった靴下業界に全く異なる希望の光が誕生した瞬間でした。実は靴下同様、この数年で激変した事例が作業用品の中でも存在しており、それは「ワークシャツ革命」です。今まで作業ズボンとお揃いのシャツを買うのが当たり前だった光景だったんですが、なんと!この1〜2年で作業シャツから「コンプレッションシャツ」へと流行が遷り変わりました。それは現在も尚、続いているのですがこのコンプレッション(着圧)っていうのが今回、靴下に求められたんです!!
「コンプレッションと、靴下の短さ・・・、何か関係あるの??」っていうお客様、おおアリです!!コンプレッションとは着用する事により体に圧力を加えて血流を良くする効果なんですが、当然極短な靴下では締め付け効果なんてあるわけありません。かといって通常の靴下でも理想的な効果が生めない・・・となると?そうです!!!今20年越しでもう一度「ハイソックス」が注目されているんです☆

【着圧効果抜群!これが本当のコンプレッション効果】

■全長400mm・・・これぞ正真正銘の「ハイソックス」です。男性が履くとちょうどふくらはぎの上辺りまで履き口がくるので、ちょうど筋肉が締め付けられて理想的な着圧を得られます。

■サポーター・・・ハイソックスの「ハイ」の部分ですが、ここまもう靴下ではありません。言ってしまえば「サポーター」のような生地の厚さです。すね側がニット、ふらはぎ側がリブ編み(通常の靴下みたいな編み方)で適度な締め付け感があります。ふくらはぎは筋肉運動の中でも常に動いている筋肉なのでここをホールドする事によって瞬発力や、疲れ防止などの副効果が期待できそうです。

■甲メッシュ・・・ここには重要な筋肉ではなく、且つムレを感じやすい場所なのでサポーター性能というよりは「通気を良くしてムレ防止」に努めています。ハードな運動に足自体にムレが発生しても足の甲から断続的にムレを放散出来るので通常の靴下よりも生地が厚くてもムレは感じずらい仕様です。メッシュ部には伸縮率の異なる異素材をコンビとして使用しており、足の複雑な動きにも柔軟に対応できるつくりにしています。

■土踏まずには・・・良い靴下って必ずこの土踏まずの部分に「一工夫」を加えています。今回の商品もまさにそうで、足裏全体にクッション性の高い「パイル」を使用、このふかふかしたパイル底により格段に足の疲れを軽減させることが可能になっています。ミドル丈ソックスの多くは底パイルが主流ですが、当商品にも底パイルを採用する事によってミドル丈ソックスを凌駕する機能に進化しました。

■自慢の品質・・・この商品、なんと国産(日本製!!!)なんです。これだけでも充分魅力ですよね☆


どうです?これぞまさにハイクオリティ・ソックスです!!「毎日の仕事で家に帰ってくると足がダルくてたまらない・・・」っていうお客様にはオススメかもしれません。靴を1日中履いてお仕事されるお客様、運送業や倉庫業など足を酷使するお客様、重い飼料や荷物を運搬する酪農家さんにオススメです。もちろん、お子さんの運動用の靴下として、または「古きよき時代」を思い出し久々靴下の中にズボンの中に入れてお仕事をしてみるっていうのも乙かもしれません。