商品カテゴリ一覧 > 安全靴 > 「BURTLE(バートル)」PREMIUM SAFETY FOOTWEAR MID安全靴/809/【2016 WEX 年間 安全靴】

「BURTLE(バートル)」PREMIUM SAFETY FOOTWEAR MID安全靴/809/【2016 WEX 年間 安全靴】

商品番号 809

定価オープン価格のところ
当店特別価格4,257円(税込)

インディゴ(新色) 24.5cm -
25.0cm -
25.5cm -
26.0cm -
26.5cm -
27.0cm -
28.0cm -
ホワイト 24.5cm -
25.0cm
25.5cm -
26.0cm -
26.5cm -
27.0cm -
28.0cm -
ネイビー 24.5cm -
25.0cm -
25.5cm -
26.0cm -
26.5cm -
27.0cm -
28.0cm -
ブラック 24.5cm -
25.0cm -
25.5cm -
26.0cm -
26.5cm -
27.0cm -
28.0cm -
キャメル 24.5cm -
25.0cm -
25.5cm -
26.0cm -
26.5cm -
27.0cm -
28.0cm -

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next











【ページ製作者が語る商品の魅力!!】

 ついこないだまだまだ東京が連日30度超えの猛暑記録を更新し続けている頃、実は東京でBURTLE社2013年秋冬展示会が行われており、私も早速新商品を拝見をしに東京まで赴きました。
 今年のBURTLE社の秋冬モデルはドレも挑戦的で個性的。「作業服・作業用品として変えてはいけない箇所もある」、と今まではベーシックなスタイルの中にデザイン性の高さを盛り込んだ商品が多い事がBURTLE製品の大きな特徴になっていましたが、新作はドレも挑戦的で個性的、ベーシックなラインナップは引き続き固持しつつ、新たなコンセプトと元々高かったデザイン力をフルに活かしたモデルが続々サンプリングされていました。

 そんな中、特に今回、私(作者)が目を引いたのが今回ご紹介する「#809 BURTLE FOOTWEAR」、バリバリ新作!入荷したての超ド級の安全靴(先芯入り作業靴)なんです!!
 当店でも安全靴といえば「ナナロク」という一大巨塔が存在していますが、皆さんもご覧いただいてなんとな〜く感じていると思いますが、うん、ナナロクとは何かが違うな☆とお思いではないかと思っています。  お客様のその感覚、きっと正しいと思います。そう、ナナロクをイメージしたときに明らかに「違うな」と思わせる「何か」を今まで自分は探していました。
 ナナロクの安全靴の最大の魅力って、その「存在感」。その存在感ってどうやって出るのかというとナナロクの場合は「デザイン(見た目)」です。よく言うと「カッコイイ」、悪く言うと「ハデ」、つまりはそういう所がナナロクの良いところです。私もナナロクの新作安全靴っていつも突然入荷するし、その分箱をあけるときに独特な「わくわく感」があるんですよね(笑)。今回はどう驚かせてくれるのだろうかって・・・。まぁ、いつも私の期待を裏切らず独創的なデザイン性を最大の武器にひたすら突き進んでおります。
 でも私はある日、ふと思ってしまいました。当店の品揃えでは、ナナロクの安全靴を良さを100%発揮させる事が出来ないではないかと・・・。そう、ナナロクの安全靴はどれもカラフルで個性的。それが人気でそれが販売に繋がっていたのですが、カラフルなナナロクばかりを品揃えするあまり、ナナロクの良さを品揃えが殺してしまっているんじゃないかと思うようになりました。

■■商品と魅力を伝えるには”毛色の異なる”品目が比較対象のため必要だ。■■

と自分のモヤモヤに対して、ある一定の結論を紐付け、それからはナナロクとは全く異なる”毛色(コンセプト)”を持った安全靴もリサーチし始めていたんです。すると、思いもよらず、作業服メーカーさんであるBURTLEさんの展示会でまさに自分の待ち望んでいたイメージと合致する安全靴が見つかったんです☆
 この商品こそが自ら魅力を放ちながら、他の商品も引き立てる事が出来る「オールマイティフットウェア」だと実感しました!!

そして本日、いよいよ待ちに待った製品版とのご対面(着荷)になりました☆。いやぁ、展示会場で初めて会ったときの感動がまた蘇ってまいりました!!

【担当者が一目ぼれしたBURTLE新作フットウェアのここが凄い!】

(1)高いデザイン性・・・特にサイドフォルムが神掛がかってます(笑)。生地の切り返しの多さと要所によるリベット(鋲打ち)、そして大きさ・数、共に絶妙すぎる「パンチング(穴開け)」がトータルのデザインバランスを恐ろしいほど向上させています。またソールをクリームカラーで全色統一した事も◎。白でもなく、黒でもなく、クリームにした事がこの安全靴のイメージをよりカジュアルライクに進化させています。

(2)作業靴として最高の使い勝手・・・ここまでデザインにこだわっても決してカジュアルに傾きすぎないところがBURTLEさんの凄いところ(恐)。まず目に入る2本のマジックはそれぞれ独立しており、締め付けの強度をそれぞれ調節することが可能です。また、ルーズに履きたい方は一番上のマジックを折りたたんでしまえば履きやすいスニーカーになります。
注目すべきは、MIDカットのカッティング。届いて足を入れてみれば即座に納得されると思いますが、とにかく足入れが良いです。結構、MIDカットが嫌いっていうお客様の理由って「しゃがんで履かなくてはならない」とか「両手で縁を持って履かなくてはいけない」等、脱ぎ履きのしずらさを理由にあげる人が多いんですが、これはMIDカットでも珍しいくらい鋭角にえぐったカッティングがまるでLOカットスニーカーのように履き易さ・脱ぎ易さを実現しています☆
 最後に、きっと私がいうまでお客様がだれも気がつかないポイントですが、実は「シューレースに見える部分」って、ゴムなんです(驚)!!!、おぉぉう今全国のお客様から「うっそ〜!!!」っていう声が聞こえる(笑)。
 そう、この靴「上がマジックテープで、下はオートマティックのゴム調節機能」、つまり「ヒモは一本も使っていない安全靴」なんですよ!!当然、紐がないので「紐が解ける心配は無い!」っていうのと靴にテンション(圧力)が掛かると普通は足に負担が掛かるんですが、この靴の場合、ゴムひもがテンション・ストレスに対して「グイ〜ん」と伸びるので足に疲労感が発生しません!
 そう!この靴は見た目も◎、デザイン性も◎でありながら、しっかりと作業履き(安全靴)としての使い勝手もしっかりクリアしているんです☆

(3)軽!と思ってしまう(笑)・・・見た目ってホントに面白いですし、だからこそ気をつけなきゃいけないポイントですよね?!そうここまでこだわり抜いたこの靴であれば見た目からも「重い」と勝手に私たちは思ってしまうわけです。。。がしかし!実際はそんな事はなく、1足平均440gとかなりの軽さに仕上げています。これだと長時間の着用にも耐えられそうです。


どうです?ナナロクとは対極の位置に存在する安全靴としてこれ以上のモノは無い!と見た瞬間に感じました!きっと画像をご覧のお客様も 、私の気持ちに同感してくれると思います。
 ご用意させていただいたのは、ドレもパンツの色を選ばないコーディネートのしやすいカラバリです。カーゴパンツ、ミリタリー、チノパン、そしてジーンズにだってバッチリ合います☆
 さて、これで貴方にとってとことん安全靴選びで悩める状況が出来上がりました。靴のみで存在を主張する「パワフルコーデ思考」か、それとも全体の落ち着きを求めて足元の色合いはシックでベーシックなスタイルに落ち着かせる「トータルコーデ思考」か、どちらも正解でどちらもカッコよくまとまるコーデですが、相反するキャラクターが揃ってこそどちらのメリットも引き立つってもんです☆ちなみに私は、どちらかというとトータル派ですが、たまに大冒険もしたくなります!!
そろそろ、安全靴選びもそんな「楽しさ」があっても良いのではないかと思うんです・・・。
最後に私(作者)が実際に履いてみました!身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nikeは26.5cm)の私が履いてみたところ・・・そのまま25.5cmでピッタリ☆でした!!普段履いているスニーカーのサイズで”ほぼ”問題はないかと思います!「ほぼ」っていうのはあとは履き心地の問題なので、大きめがお好みのお客様は1サイズアップで更にご満足いただけるのではないかとおもっております。

私は問題ありませんでしたが、社内で「甲高」のスタッフに履かせてみたところ、「少々、窮屈」とのご報告を受けました。画像からも分かるかもしれませんが、甲はそんなに高くありませんので、この商品、少しお客様を選ぶ安全靴かもしれませんね・・・。
(尚、幅は問題無いとの事でした)