• $LAST_NAME$$FIRST_NAME$様
  • 買い物カゴ

商品カテゴリ一覧 > 通年作業服 > 「BURTLE」半袖ポロシャツ/507/【2015 EXS 夏物 インナー】


「BURTLE」半袖ポロシャツ/507/
【2015 EXS 夏物 インナー】

商品番号 507

1,419円(税込)

カラー\サイズ M L LL 3L
ブラック × × × ×
ホワイト × ×
グレー × × × ×
ネイビー × × ×
数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next
















女性専用サイズ(型紙)はコチラ☆


 多くのお客様のリクエストにお応えして待望の「半袖ワークポロシャツ」、販売開始です!!
 ついこないだまでは、ポロシャツっていったら「お父さんの休日着」的な印象が強かったポロシャツですが、最近ではオシャレな街を歩いていても本当によく見かけるようになりました!!何を隠そう、私(作者)も夏の通勤着は「ポロシャ ツ」です。しかも”ぴったぴた”のジャストフィットが大好きですね☆ポロシャツのイイところってTシャツほど砕けてなくて、ワイシャツほど硬くないっていう”あいまいさ”。でもこの”あいまい”が癖になるんです♪
 私と同様にポロシャツを愛するお客様は「老若男女」に関わらずいらっしゃると思います。私、最近気付いちゃったんです。それは・・・、

「あれ?ポロシャツ最近、値段高くない??」

っていうことに・・・(驚)。いや、ここでいう値段って当店で、っていうことじゃなくてドコのお店を覗いても価格が高くなっているような気がします。昔は1000円握り締めて服屋さんにいったら、そりゃもう上等な無地ポロシャツが手に入 ったんですが、最近2000円くらいないとそれなりのモノって手に入りませんよね?「それが時代なんだよ」って言われてたら私も諦めますが、ここはもうワークカジュアルを謳っている作業服メーカーさんでオシャレでありながらそれでいて「 作業着価格」のポロシャツを探しました結果、・・・ありましたよ!!あったんです。残念ながら1000円の壁は越えられなかったですが、それに似通った価格帯で見つけました☆しかも当店大人気のブランド「BURTLE」さんからのリリース です。これはもう扱いしかないって思って、早速サンプルを取り寄せしました!
 ところで当店をご覧のお客様、「ワークポロシャツ」って何を以ってワークポロシャツっていうかご存知ですか??いろいろな云われがあるんですが、ざっくり申し上げると「胸ポケットがある」&「袖がすっぱりカットされている」、その 辺りでワークポロとカジュアルポロのすみわけがされています。
 しかし、この棲み分けこそが、今まで「可愛い」ポロシャツが世に出なかった一番の原因だったんです。遡ること「昭和」の話・・・、まだまだ現場作業などでは男子が主流でその夏の定番アイテムが「ポロシャツ」でした。当時の昭和男子 は恰幅も良くワイルド。今でいう「草食男子」などの言葉は皆無で、皆エネルギッシュでした・・・。そんなガタイが良く、恰幅の良いワーカーにピッタリなポロシャツといえば、当時は身幅が広く、肩巾が広く、そして袖とボディの縫合口の サイズ、「アームホール」もぶっといサイズで製作されていました。その”おまけ的な扱い”で「S」「M」などが製作されており、当時の数少ない女性ワーカー、ポロシャツ愛好家の女性のお客様は、そのドデカイ男子用の申し訳縮小サイズの ポロシャツを我慢して着用したわけです。ですから、肩の縫合部分が肩からズリ落ち、基本サイズが変わっても大きさが変わらない胸ポケットはSサイズは巨大、しかも胸の位置よりもズリ落ちてしまい、本当に悲惨なのは身幅がもたらす、ど うしようもない余分なたるみでした・・・。
 そんなワークポロシャツも最近大きな変化を業界にもたらしました。それはメインで着用する”現代の男子ワーカー”の体型が変化したのです。一昔前は恰幅の良いスタイルがワーカーの証でしたが、昨今は筋肉質で体の線が当時よりも細く なったのです。つまり、当時のままのポロシャツでは、女子はおろか男子すら合わなくなったわけですね。  そこで型紙の大革命。昨今の筋肉質男子に合わせたサイズスペックが採用、それと合わせて、今まで紳士の申し訳縮小サイズだった小さいサイズを”女性専用”として「S」を全く新しい型紙で製作しました。それがこの「半袖カノコポロシ ャツ」です!!ご覧いただいてもお分かりになるように、紳士用と比べてると明らかに肩幅・身幅・袖巾・ポケットの大きさが異なり、女性が女性らしく可愛く着れるポロシャツが誕生しました!!  素材は、ポロシャツとしては定番の「ポリエステル65%、綿35%」を使用し、表面はこれまた定番、「カノコ(鹿の子)」と呼ばれるメッシュに似た通気性の良い織り方を採用しています。  「ワークポロシャツ」の定義ともいえる「胸ポケット」は全体のバランスを考えて小さく設置。これなら今まで「胸ポケットはダサイ!」と思っていた畑美人にもご納得いただけるのではないでしょうか。  またもう一つの定義、「すっぱりカット袖」ですが、これも健在。しかし、女性専用に袖巾も変更しているので、カットされた袖が必要以上にバタバタする事もなくなりました。(ちなみにカジュアルポロに多く見られる袖口がきゅっと絞っ た形状の袖は”ちょうちん袖”と呼ばれます)
 トップボタンは2つを採用、個人的には3つが好きですが、この部分は正直「人それぞれ、好みが分かれる」箇所ですよね。襟元はリブ編みになっており、襟を立てて着用する事も可能!さりげなく、裾脇の部分にはブランドタグと、裾は後 ろ身頃が前身頃よりも長い、カジュアルポロに多く見受けられるスタイル、短めのスリットもしっかり入ってオシャレもアピールしています。
 こんな可愛らしいポロシャツを作業服バリバリメーカー「BURTLE」さんからリリースされるなんて、本当に驚きです。どんどんカジュアルとワークが近づきつつあるなぁ・・・と感じてしまいますね。  最後に作者である私が・・・という訳にはいきませんので、倉庫で作業中のパートさんに着てもらいました!そのパートさん、背が高くてすっごい細いです。そんな当店スーパーモデル体型のパートさんにSサイズを試着してもらったところ ・・・、に、似合いすぎる・・・。ただし本人曰く、半袖だし、長袖のように袖丈を気にしなくてもイイから、SSサイズでもイケそうです!との事。なるほど。つまり今回の試着の結果がこのようになりました!!
S (9号相当)・・・・想定身長155-170cm
M (紳士小) ・・・・11/13号相当?ただし完璧にはフィットせず
以上となりました。ポロシャツなんで、フィットした状態で着たいですよね。もし宜しければここは勇気を出していつもよりも「1サイズダウン」でご購入を検討してみてください。きっと予想以上のスタイリングにうっとりしてしまいますよ ☆
 また、紳士モデルは私が着てみました。身長:178cm、体重:63kg、ウエスト:82cm、普段着るポロシャツのサイズ:国内企画品⇒Mサイズ、輸入品(アバクロ等)⇒Sサイズの私が着てみたところ・・・、Mサイズでちょう どえぇ感じでした☆。この商品、Sサイズから「女性型」を参考に作られるため、Sだと極端に肩幅が狭くなり、ちょっと窮屈でした。Mでも決して緩い感じではないので、Mでよかったと思います。